前へ
次へ

雨漏り発生時には賃貸マンション管理会社へ連絡

新築の賃貸マンションであればまず心配はありませんが、築年数が長く経過をした賃貸の場合だと、入居をしてから雨漏りが発生をすることもあります。入居するまで知らなかったとはいえ、もしも賃貸マンションで雨漏りが発生をしたら、即座に管理会社に伝えることです。自分で業者を手配して、雨漏り修繕の手配をして実費で支払うのではなく、マンションを管理する管理会社に対応をしてもらうようにします。住んでいるのは賃貸契約をしている入居者であっても、賃貸を管理するのは管理会社の仕事だからです。雨漏りが発生をした連絡をすると、管理会社のほうで何が原因となっているか、そして責任の所在もはっきりとさせてくれます。被害が小さくても雨漏りの連絡を先延ばしにしないほうが良いのは、被害はできるだけ小さいほうが、修繕の手などもそれだけ短く済むからです。管理会社のほうでも大掛かりな調査をしたり、大きな出費になるような修理などをしたいと思ってはいません。

Page Top